下咽頭がん 飲酒が原因 のどに違和感あればすぐ医者へ

美容・健康 美しく健やかな生活
Sponsored Link

下咽頭がん 飲酒が原因 のどに違和感あればすぐ医者へ

下咽頭がん 飲酒が原因 のどに違和感あればすぐ医者へ

-----以下、週刊ポスト引用要約

国家公務員共済組合連合会立川病院耳鼻咽喉科の佐藤靖夫部長によると
咽頭のがんは、粘膜にできる“扁平上皮がん”がほとんど。
近くには喉頭や頸部リンパ節があり、進行するとそれらへの浸展も多く
見られ、自覚症状が少なく下咽頭がんの60%以上は、初診時にはすでに
周囲組織への浸潤や頸部リンパ節に転移している進行がんであるという。

下咽頭は喉仏の後ろ側にあたる。
ノドの奥の食道と気管の分岐に近いところにできるのが下咽頭がん。

下咽頭がんの危険因子は喫煙と飲酒で、特にアルコールが体内で
分解されて生じるアルデヒドが強力な発がん物質となる。
酒に弱いのに鍛えて強くなった人は、本来アルデヒドの分解能力が
低く体内にアルデヒドを蓄積しすいため下咽頭がんを発症しやすい。
発症は50〜60代の男性が60%を占め、女性より男性が圧倒的に多い。

下咽頭がんは早期ではほとんど症状がなく、少し進行するとノドに
違和感が生じる。
違和感は錠剤や唾液を呑み込む時よりも、
食事の時に強く感じることが多い。
数か月経過してさらに進行すると、食事が呑み込めない(嚥下困難)や
嚥下痛、声がれ、リンパ節転移による頸部の腫れなどが起こる。

下咽頭がんは進行が早いので、発症リスクの高い常習飲酒・喫煙の
中高年男性は、ノドの違和感を少しでも感じたら、面倒くさがらずに
早めの耳鼻咽喉科の受診が不可欠。

-----引用終わり

がん全体の0,5%程と発症率は低いですが、手遅れになりがちなので
危険ながんと言えます。
女性の4から5倍男性が多いというが、喫煙や飲酒に関係なく貧血
(特に鉄欠乏性貧血)をもつ女性には多く発症するとうので貧血気味な
女性も要注意です。

尚、下咽頭がんが見つかった人の約3割に転移してできたわけではない
食道がんが見つかっているので、下咽頭がんの治療前に胃カメラでの
食道の検査が必ず行われます。

外科手術では、がんが見つかったときは、既に進行していることが
多いため声帯も失われ、声がでなくなります。
しかし、声帯をとる手術を行うと言う医師の判断がでても、
別の医師によっては、声帯を極力温存する手術を行う医師もいます。

その一人が、国立がんセンター東病院の名誉院長 海老原敏さんである。
今は、かないがん相談専門の診療所『蕩蕩』を開院運営設しがん患者の相談にのっているという。

他の分野のがん専門医もいるので、セカンドオピニオンを得たいときに
利用できます。
海老原敏さんは、生存期間よりQOLを重視するということなので、
病院の都合で手術が優先されるような最悪なパターンや、
手術が成功しても、QOLが悪化し辛い生活を送る羽目になることを
避けることができる可能性があります。


Sponsored Link

最近の記事

検索

カスタム検索

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。